イブピアジェのダズンローズ



Yves Piagetイブピアジェという名前のバラ

スイスの高級ジュエリー&ウォッチブランド「ピアジェ」の名前を冠したバラ「イブピアジェ」。
その名前も表すように大人の気品に満ちあふれた「バラ」。名前の由来は、PIAGET ピアジェの4代目、イヴ・ピアジェ会長の名前から。この方は バラへの造詣が深く、1976年以来、国際的なバラ品評会の会長も務める方だそうです。

そのバラ、イブピアジェの出生は、バラの世界ではとっても有名なフランスの「メイアン一族(メイアン社)」。メイアン社の大きな特徴と魅力は、自らを「ザ・グランド・ローズ・ファミリー」と呼ぶとおり、メイアン家の伝統と家族の絆を何よりも大事にし、守り続けていることです。また、芸術と文化の国フランスらしく、芸術家や文豪、ファッションデザイナー、音楽家、今をきらめく女優や歌手など世界中のスター達にも、多くのバラを捧げて敬意を表しています。メイアン社の育種チームは毎年5,000〜8,000個体の交配を行い、結果として10万〜12万種の実生品種を8〜10年かけて観察を行っています。その間に試作、選抜が繰り返され、結果として残るのがわずか10品種ほどです。その中で生まれたイブピアジェ。

オールドローズと云うバラの種類の特有の丸い花の形ですが、実はハイブリッドティーと云う系統の「簡単に言うと」現代っ子のバラの種類。種苗も権利で締付けていないから一気に世界中に広がり、一躍人気者に。いろいろな花合わせで、ホントに表情豊かにしてくれる存在です。1982年バガテル国際コンクール芳香カップ受賞。1982年ジュネーブ国際コンクール金賞及び芳香賞受賞。1982年ル・ルル国際コンクール金賞及び芳香賞受賞。1982年サベルヌ国際コンクール銀賞受賞。という数々の受賞経歴にも納得です。

ウェディングブーケにもすっごく人気のイブピアジェは、世界中のフローリストが憧れる存在は言うまでもなく、この花の存在感は必ずどんな人も魅了されます。さらに特筆すべきは、その香り。見た目にも存在感があるイブピアジェですが、その芳醇な香りは格別のものがあります。ここでは、その香りをお伝えできないのが、本当に残念です。

そんなイブピアジェをたっぷり12本束ね、素敵なブーケをお作りし、あなたの大切な方へお贈りします。
あなたの大切な気持ちをお伝えするに、これ以上ふさわしいお花は無いかもしれません。




Language of Flower花言葉。

イブピアジェの存在価値の素晴らしさは、先ほどお話しした通りです。そのイブピアジェをにさらに魅力的にしてくれてるのが、その花言葉。
愛情 あなたを愛する 美
基本的に筆者自身は、花屋に永く従事していますが、正直に申し上げて世間一般的に言われている「花言葉」というのは、あまり気にしていません。いろんなお花の出生は、見つからないほど深く、きっと世間でいう「花言葉」は、俗に言う「〇〇協会」というようなところの発祥がほとんどだろう。という観点からです。きっと掘り下げていくと「あ!」っと思うような、物語のある「花言葉」もあるかもしれませんが、現時点では、正直、聞いたことがないです。
ですが、このイブピアジェの「花言葉」は、イブピアジェ自身の出生もはっきりしてることから、きっと、イブピアジェ会長が、この花に出会った時に生まれた言葉。こんな言葉の思いを受けて生まれたイブピアジェの花言葉は、本物のような気がします。




Dozen Rose12本のバラ。

花言葉同様、バラの花には贈る本数にも意味が隠されてるといわれています。ですが、この本数による意味は、いろんな方法で調べてみても内容はマチマチ...。どこに本当の情報があるのかすら解らなくなってしまいます。
ですが、私たちの本業のウェディングの世界では、ずっと言われ続けてるお話があります。「ダズンローズ」というもので、1ダース(12本)のバラという意味。昔々ヨーロッパでは、男性が野バラを摘み、1本1本に誓いを託して、愛の言葉とともに女性に手渡したといわれています。その12個の誓いは、
「感謝」「誠実」「幸福」「信頼」「希望」「愛情」「情熱」「真実」「尊敬」「栄光」「努力」「永遠」
これら全てをあなたに誓う。という思いを込めて贈ります。また、このダズンローズを受け取った方は、幸せになれると言い伝えられており、現在のウェディングのシーンでもよく見かけます。




3つの深い意味
今までお伝えしてきたように、私があなたに凄くおすすめするポイントは伝わったでしょうか。まず、イブピアジェというバラの存在。そして、その花に込められた花言葉。さらに花束としてお贈りする本数の意味合い。この3つの意味から、あなたの本当に大切な方へのお花の贈り物として、これ以上のものは無いんじゃないか!とすら思います。

ですが、こんな内容に関しては、あからさまに相手方に伝える必要性は、私個人的には全くないと思います。
聞かれたら「こんな意味がある」という感じでお伝えするだけで十分で、大切なのは「あなたがどんな気持ちでお花を贈るか。」その気持ちが本当に大切なんだと思います。

ですから、お贈りする花束は、意味重視で全然可愛くない...。なんてことは最悪で、相手が「かわいい!」と喜んで受け取ってくれないと意味がないと思います。
型番 dozenrose-yvespiaget
販売価格
12,000円(税込)
購入数